久米島関連の本まとめました!

The following two tabs change content below.
島暮らしのおかもってぃ
地域おこし協力隊。東京生まれ東京育ちのシティボーイ。マニアック過ぎて役に立たない久米島情報を発信中!
プロフィール
Facebook←お気軽にメッセージください!

こんにちは!

島暮らしのおかもってぃです。

 

島のことを知ってから、観光スポットを見たほうが断然面白い!

昨年度、久米島を探検しつくして思ったことです。

歴史跡地を見るにしても背景知識が少しあるといろんな想像力が働くんですね。

 

なので、これから久米島に来られる方にも、今住んでいる方にもぜひ島のことを知って欲しい!

というわけで久米島関連の書籍をまとめました。

マニアック過ぎるので観光目的のみの方にはあまり向かないかもしれませんが・・・

入門書『久米島生活』

こちらは前回も紹介させていただいた本です。

歴史、産業、観光地、島人など、久米島の情報が様々な分野にまたがって紹介されています。

ただ、けっこう詳しい内容や島人のことが載っているので、これを読むだけで観光客から一歩リード。

『久米島通』になれるはずです。

観光情報もたくさんあるので観光で来る方にもおすすめの1冊。

空港の風人カフェで読むことが出来るので、空港で久米島生活を読んでみてから観光に出かけるのはいかがでしょうか。

初級編『久米島の人と自然』

WWFジャパンや国立環境研究所等が取り組んだ久米島島内の環境保全活動を追った1冊。

一見すると美しい海に見える久米島。

しかし、環境汚染は着々と進んでいます。

一番の問題は赤土の流出。

雨が降ると島の土壌、赤土が海に流出します。

赤土が海洋に流出すると海中の日光が遮られ、その影響でサンゴが死んでしまいます。

すでに人里近いビーチのサンゴ礁は壊滅的な被害を受けてしまいました。

この1冊を読めば、綺麗な海に隠された事実、島の現状等を知ることが出来ます。

『無知であることは罪である』とソクラテスは言いました。

よりよい島の形を考えていくために、島の現状を知って欲しいなと思います。

また、後述の『久米島史話』を簡単にまとめてくれていたり、島の形成や生態系の特徴等を簡潔にまとめてくれるので、久米島の歴史への入門、自然への入門書としても最適です。

中級編『沖縄久米島から日本国家を読み解く』

母が久米島出身、元外交官の佐藤勝さんによって書かれた1冊。

これは抜群に面白いです!

地球は球体である。それならば、その上のどの任意の点も「世界の中心」のはずだ。これまで、私が界を見るときは、常に東京、ワシントン、モスクワなどの主要国の首都が世界の中心となっていた。
いまここで見方を変えて久米島の新垣の杜を「世界の中心」として見ると、歴史はどのように見えであろうかという好奇心からこの連載を始めた。(本文より)

久米島を世界の中心と据えて、そこから沖縄、日本、世界を概観します。

久米島の歴史が分かりやすくかつ細やかにまとまっているため、これを読むだけでかなりの久米島通、というよりもはやマニアになれます。

島の文脈、久米島んちゅが長い歳月の中で紡いできた歴史を感じさせてくれる1冊です。

久米島に住もうと決めたら読んでおきたい1冊です。

上級編①『久米島史話』

久米島が生んだ偉大な学者である仲原善忠先生によって書かれた小冊子。

島の歴史を部落生活時代、按司時代、琉球王国時代、明治大正時代に分けて詳説してくれます。

久米島の歴史をディープに知りたかったらぜひ読んでおきたい1冊です。

一応Amazonで売ってますが、中古で6万円・・・

誰が買うんや!!!笑

久米島博物館に行けば読めますよ~。^ ^

上級編②『久米島の沖縄戦』

こちらは元沖縄県知事の大田昌秀氏により、昨年度書かれた1冊。

今までは、久米島の戦争について調べるには何冊か文献をあたる必要がありました。

でも、こちらの1冊には、ほぼすべての情報がまとまっています。

第2次世界大戦中、久米島で起きた日本軍鹿山隊による住民虐殺事件。

その詳細が書かれています。

Amazonでは売っていないので、気になる方は久米島町具志川改善センターにある「図書室」に行くと読めますよ。

上級編③『久米島の民俗文化』

久米島出身の民俗学者、上江洲均先生の1冊。

久米島の民俗文化、神女や君南風、久米島紬、お茶、などについて詳しく紹介されています。

面白かったのが、久米島の暮らしと植物についてまとめた章。

現在も久米島に自生する植物がどのように利用されてきたのかが書かれています。

そのうちの一つをご紹介。

ソテツ

久米島では救荒食(食料不足のときに、それを凌ぐために間に合わせの食料として利用されるもの)として身を採取して保存した。食用にする際には水に浸して毒を抜き、身を粉にして食用に供した。飢饉のときは実だけでは足りず、三木に含まれるでんぷんまで採取して食糧とした。

いや~、ソテツって

ソテツ

こんなんですからね。

こんなごつい植物を食べるってやばいですよね。

上級編④『久米島の地名と民俗』

ここまで来ると変態の域です。

仲村昌尚氏によって書かれた1冊。

久米島のありとあらゆる地名の由来が載っています。

著者の方の努力にただただ感銘。

具志川改善センターの図書館にありますので気になる方は覗いてみてください。

最後に、島の文脈を知ることの重要性

以上で書籍の紹介を終わります。

いかがだったでしょうか。

僕が生まれ育った町、東京都多摩市はニュータウン開発によって作られた郊外のベッドタウン。

歴史もそんなに長くありません。

でも、この島には何千年と受け継がれてきたものがあるんですね。

それらを知ることで、現在、久米島に生きている人たちのことをより深く知れると思うんです。

 

社会構成主義、という考え方があります。

これは、私たちの思想や想いは社会的な文脈の影響を免れ得ない、という考え方です。

今、僕らが当たり前だと思っている考え方は人々が長い歴史の中で積み上げてくれたものなんです。

例えば、『マナー』なんてものがない時代には、人前でおならをしようがげっぷをしようが陰部を掻こうが誰も気にしませんでした。

でも、そういった行為が一部の特権階級の人々に『下品』だとみなされはじめ、それが庶民に広まっていくことで今日の作法は形成されています。

大学を出ている両親の元で育った自分は「大学に行くのが普通」という考えがあります。

でも、島の高校生にその考え方はありません。

それ自体は良い、悪いというわけではなく、大学を出たら偉いとかそんなことはなく、島の文脈的にそういうものなんです。

僕らは知らず知らずのうちに、自分が育った社会の、土地の文脈の影響を受けてしまうんです。

歴史が長い島だからこそ、島として脈々と受け継いできた何かがあるはずなんですね。

島の人たちは、知らず知らずのうちにその島の文脈の中に生きているんです。

その文脈を理解を理解すると、少しだけど見えてくるものがある気がします。

長くなってしまいましたが、興味を持った方、何冊か読んでくださるとうれしいです。

ではまた。

2 件のコメント

  • 久米島のこと知りたくて 訪問しました
    この もともとの名前 久米島の
    久米の名前はどこから来たのでしょうか
    明から使わされた人たちにも
    久米の名前はなかったように思いますが

    • コメントありがとうございます!

      久米島が初めて歴史書に現れたとされるのは続日本紀。
      大和朝廷の役人が南方に出て行って、何名かの南島人と帰朝したらしいんですね。
      「大朝臣遠建治らが、奄美や信覚、球美等の島人25人を率いて南東より帰朝した。」
      この球美(くみ)というのが久米島だと解釈されているようです(理由は分かりません)

      読み方は同じですが、他にも近隣諸国の記録に「仇弥」「九米」「古米」「姑米」「孤米」などいろいろな書き方がされています。

      それから、久米島が稲作の島として有名になり始め、それからku-miという発音に漢字の「久米」を当てるようになったのだと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA