【アウトロー編】読書好き必見!久米島で本が読みたくなるベストスポット

The following two tabs change content below.
島暮らしのおかもってぃ
地域おこし協力隊。東京生まれ東京育ちのシティボーイ。マニアック過ぎて役に立たない久米島情報を発信中!
プロフィール
Facebook←お気軽にメッセージください!

こんにちは!

趣味は読書と人間観察、

島暮らしのおかもってぃです。

 

前回は

【標準編】久米島で本が読みたくなるベストスポットをお届けしました。

【標準編】読書好き必見!久米島で本が読みたくなるベストスポット

2017.01.08

でも

そんなありきたりな場所じゃ物足りない!

もっとエキサイティングな読書がしたい!!

久米島の可能性はそんなもんじゃないはずだ!!!

 

という方もいるのではないでしょうか?

 

エキサイティングな読書ってなんだよ、という感じですが

そんな方のために本日は、

【アウトロー編】久米島で本が読みたくなるベストスポットをお届けします。

1人の世界に没頭できること間違いなし!無人島『オーハ島』

バーデハウスのある奥武島の先に、今は人が住んでいないオーハ島という無人島があります。

大潮のときに歩いて渡ることが出来るのですが、人が来ることはまずありません。

誰にも邪魔されることなく本の世界に没頭できること間違いなしです。

こんなに美しい景色の中

誰にも邪魔されず1人書に耽る。

ふと見上げた海がきれいだ。

空が青い。

波の音しかしない。

 

我ながら、

なんてありきたりな感想なんだろうか・・・

 

でもそんなこともこの開放感の前にはどうでもよくなる。

 

ロビンソンクルーソーにでもなった気分である。

砂浜に埋もれるサンゴのかけらや貝殻がお尻にあたってぶっちゃけ痛い。

だがしかし、これもこの贅沢な時間を味わうための試練と考えよう。

 

余りにも素敵な環境なので、

ちょっと一句、唄いたくなった。

 

『おならしても一人』

 

自由律俳句の天才、尾崎放哉に倣ってみた。

おならをしてもここならバレることはない。

完全にプライバシーが保たれている最高の場所なのだ。

 

誰にもバレずに読書したい方、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

海水の気持ちよさに浸りながら・・・

観光客の方が久米島に来る最大の目的は

海、そして

海水浴!

ですよね。

 

砂の感覚を足で踏みしめながら、肌気持ちの良い海に浸る・・・

至福のときだと思います。

 

というわけで、そんなすばらしい海水浴と読書を一緒にやってしまいましょう。

そんな最高の贅沢を可能にするのが干潟です。

潮が引いたタイミングが頃合いです。

お尻にひやっとあたる海水が何ともいい気持ちです。

ちょっと日差しが強い感はありますが・・・

見よ。

この最高のロケーションを。

オーシャンビューを謳っているどんな施設もこの見晴らしには敵わないでしょう。

何せ360度海!

視界を遮るものが何もないんだから。

 

けれども、うかうかしていたら・・・

いかん・・・

潮が満ちてきた・・・

もう海パンはびしょびしょです。

ただ、海水浴している感はさっきよりも確実に高まってきました!!!

波の周期に合わせて体もゆーらゆら。

波に押される感じが気持ちいいですね。

 

だが、いかんせん読書には集中できません。

どうも(海水浴をしている感覚)と(本への集中力)は反比例の関係にあるようですね。

 

まして、大切な本まで浸水の危機に。

そろそろ撤退しましょう・・・

 

大潮のときであれば、干満を見計らい、2時間程度は干潟で読書することが可能です。

本を読むときは時間を決めて読むと集中できるって言いますよね。

大自然の干満タイマーを使って、読書に励んでみてはいかがでしょうか。

魅力的だが屋外はつらい!という方のために屋内のおすすめスポット!

みなさんは今きっと

開放感があふれていてもう素晴らしい!

今すぐにでも駆け出して行って無人島で、干潟で読書をしたい!!!

そんな風にうずうずしているのではないでしょうか。

でも、屋外は日に焼けるし、やっぱり辛いな~と。

心配している女性の方もいるのでは?

紫外線はお肌の天敵ですからね。

 

でも安心してください。

おかもってぃも無駄に女子力が高いわけじゃないんです。

 

素敵な屋内スポットを用意しました!!!

はい!!!

 

あれ・・・?

 

いかんいかん!

 

電気つけますね。

はい!!!

 

どうですか。

ここなら日焼けの心配をする必要は一切ありませんし、

風の音、虫・鳥の鳴き声すらほぼ聞こえない完全な無音空間です。

 

完全なる暗闇、完全なる静けさの中で100%自分だけの世界を作り上げられます。

 

そんな素敵な場所がここ。

久米島ヤジヤーガマ入り口

ヤジヤーガマです!

おススメしない観光スポット・・・久米島『ヤジヤーガマ』

2016.09.23

完全なる根のです。

どんなに大雨が降っても、台風が来たとしても、この洞窟の中であればノープロブレムです!

私事ですが、受験期によく、

部屋の照明を落として、机の電気だけつけて勉強していました。

周囲が暗闇で自分の所だけ明るいと、すごい集中できるんですよね。

まさかその環境を再現できるとは・・・

 

ただ、暗いところで読書するのは目に悪いと言われています。

そこだけはちょっと心配ですが、こんなに読書に適した場所は他にはないと思います。

たまにコウモリか何かが顔のすぐ前を飛んできてびっくりすることはありますが。

 

充電式の電気スタンドを持参して、素敵な時間をお過ごしください。

 

以上、【アウトロー編】本好き必見!久米島で本が読みたくなるベストスポットでした。

気になったスポットがあったら、ぜひ読書しに行ってみてくださいね。

くれぐれも自己責任で!

では素敵なKumejimaLifeを♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です