島ぐらしのおかもってぃプロフィール

はじめまして!

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

マニアック過ぎて役に立たない久米島情報を発信している『KumejimaLife』を運営しています、島暮らしのおかもってぃこと岡本耕平と申します。

自己紹介

1991年6月20日生まれ。

実年齢は25歳

見た目年齢は16歳

精神年齢8歳・・・

のふたご座です。

実年齢と見た目年齢をいかに一致させるかが最近の研究テーマです。

精神年齢はたぶんこのまま変わらないと思います!

趣味は読書とブログを書くこととランニングです。

我ながら、なんて健全な好青年なんでしょうね。

 

「絶対彼女出来ると思うんだけどね~」とか

「モテそうだね~」とか

言われることだけはよくありますが、何がおかしいのか、しばらくそういった出会いはありません。

 

ひょんなことから沖縄県久米島に住むことになり、移住して2年半が経ちました。

現在は島で教育に携わるお仕事をさせてもらっています。

このブログでは、生活する中で、いろいろ調べる中で気付いた島のこと、特にマニアック過ぎて役に立たないであろう久米島情報をお届けすることを紹介していきます。

僕が島にたどり着くまで~これまでの歩み~

ゆとり世代の真っただ中に育つ

郊外のベッドタウン、東京の多摩市出身。

末っ子長男姉二人という環境+ゆとり教育のスタートで最大限甘やかされて育っています。

そのせいで、忍耐弱いです。

意志薄弱な人間です。

小さいころから自然が好きで、カブトムシやザリガニをとってよく遊んでいました。

両親にキャンプに連れて行ってもらったりするのが大好きな少年でした。

自分のことが嫌で嫌でしょうがなかった中学高校時代

僕の人生は自己嫌悪との葛藤です。

きっかけは本当にささいなものでした。

幼稚園のころからずっと一緒に遊んでいたA君という男の子がいたんですね。

中学生になってからは、A君と積極的に遊ぶことは無くなりました。

そんなある日A君が他の友達と話しているが見えたんですね。

そのときの顔が今まで自分に見せたこともないくらい楽しそうな笑顔だったんです。

今思えば絶対に気のせいなんですが、当時中学2年生だった自分はこう思い込んじゃったんです。

「あ、A君はたぶん自分と関わらない方が幸せだったんじゃないか」って。

 

そのことをきっかけに自分と関わると人は不幸になる、という思い込みが生まれていきました。

自殺する勇気なんかはなかったけど、明日事故で死んでも別にいい、そんな風に思ってました。

自分の存在意義が分からなくて「何で自分なんか生まれてきたんだろう?」そんな問いをいつも自分に投げかけてました。

人に嫌われることを極端に恐れるようになり、面白くもないのに笑って話を合わせたり、とにかく人の顔色を窺って過ごしてました。

悩みを打ち明けられるような人は誰もおらず、それが一番辛かったですね。

人生のバイブル『エヴァンゲリオン』に出会う

出典:アニマックスPlus

高校2年生のときに衝撃的な作品に出会います。

それが『エヴァンゲリオン』でした。

この作品の主人公、碇シンジは親に捨てられ、自分が嫌いで自信がなくて他人を信頼できない中学生の男の子。

まさに当時の自分そのものだったんです。

あっという間に感情移入していきました。

 

そんなシンジ君は作品の最後の最後の最後の、本当に最後にちょこっとだけ、人を信じる勇気を持つんです。

このとき、ヒロインの綾波レイがこんな言葉をかけるんですね。

「自分が嫌いな人は、他人を好きに、信頼するようになれないわ」

 

その言葉を聞いたときに

「あっ、そうか。自分を嫌ってたらダメなんだ。じゃあ自分を好きになるところから始めよう」初めてそう思えるようになったんですね。

それからいろいろと努力をしていきました。

まだ完全に自己肯定できているわけではないと思いますが、現在は当時よりは自分のことを認められています。

エヴァという作品に出会っていなければ今の自分はいないと思います。

テキトーに選び、死ぬほど後悔した大学選択

出典:wikipedia

誰しも幼い頃は自由に夢を語るといいます。

でも僕は幼少のころから、将来の夢を語ったことが一度もありませんでした

大学選びは実にテキトー。

  • 国立
  • 理系
  • 2次試験に国語がない

という3つの理由だけで、東京工業大学を選択しました。

猛勉強の末何とか入ることが出来たのですが、僕が選んだ理学部化学科は3大鬼畜学科と揶揄されるほど多忙な化学科。

実験⇒レポート⇒実験⇒レポート⇒演習・・・

楽しくもない実験を繰り返す日々に、僕は完全に自分の道を失いました。

やりたいことが全く分からなくなりました

自問自答を繰り返しましたが答えは見いだせず、このときに自分の進路を深く考えてこなかったことを死ぬほど後悔しました

結局この後、ベンチャー企業でインターンをしてみたり、塾講師のアルバイトをしてみたり、コーチングを習ってみたりヒッチハイクで2000kmくらい旅したり、大学の外でいろいろな出会いに恵まれ、自分の人生観が変わっていきます。

そして学部を卒業し、同大学大学院に進学してしまったのですが、このまま理系の道に進むことに違和感を感じ大学院を中退。

ちょうどご縁を頂いた久米島で、かねてより興味のあった教育に携わる仕事をすることになりました。

大切にしていること

みっともなく生きること

僕は、『夢を叶えるゾウ』の作者、水野敬也さんが大好きです。

 

水野敬也さんの生き方って

最高にかっこ悪いんですよ

 

在学中、モテたくてモテたくて恋愛本を読み漁り、

そこに書いてあったテクニック、

『旅行先から手紙を出すとモテ力UP』

を実践した結果、気持ち悪いとフラれたり、

慶応義塾大学の卒業式に留年して卒業できないくせに参加して

SPをかいくぐってステージの錦野あきらに花を渡そうとして失敗したり、

笑ってしまうような失敗の連続です。

 

でも、よく生きるとはみっともなく生きることなんだと思います。

 

人間、歳を重ねるとどんどん失敗することが怖くなるんですよね。

でも、失敗を恐れて何も行動しないと成果も成長も得られません。

失敗しても、かっこ悪くても何かをつかむためにもがいていく、

人生っていうのはそういうものじゃないかと思います。

心と心を紡ぐ

心を書いて「しん」と読みます。

「しん」は心の内奥、奥深いところを指します。

 

今、果たしてどれだけの人が「しん」で話すことが出来ているのでしょうか。

かくいう僕もいつもいつも出来ているわけではありませんが、当たり障りのない人間関係に慣れてしまい、本音、それよりも深い心の内奥を話せる人は減ってきている気がします。

自分自身がいつも「しん」をさらけ出し、人の「しん」を引き出していける、そんな存在で入れるよう努めています。

今後の目標

今後の個人的な野望を紹介します(2017年9月18日現在)

  1. 久米島で起業する
  2. ブログで月20万稼ぐ(現在2000円・・・笑)
  3. カンボジアでキャリア支援に携わる
  4. ブログの読者を1000人まで増やす
  5. 彼女を作る

他にも書いたらきりがないですが、ひとまずこんなところで。

 

自己紹介は以上です!

お忙しい中、最後まで読んでいただきありがとうございました!

こんな私と話してみたいと思う、変人の方、岡本レンタルやってますので、お気軽にご連絡ください。

それでは素敵なKumejimaLifeを♪