恐怖心は無知から生じる、久米島マラソン前日に思うこと

久米島マラソン
The following two tabs change content below.
アバター
島暮らしのおかもってぃ
久米島移住5年目突入!東京生まれ東京育ちのシティボーイ。マニアック過ぎて役に立たない久米島情報を発信中!
プロフィール
Facebook←お気軽にメッセージください!

こんにちは!

島暮らしのおかもってぃです。

明日はいよいよ久米島マラソンですね。

僕が初めてフルマラソンを走ったのは去年の久米島マラソンでした。

今年の久米島マラソンンは人生で2回目のフルマラソンになります。

初めての挑戦だった昨年は正直本番までは恐怖でした。

練習でも長くて15kmくらいしか走っていませんでしたし、2週間前に足を少し痛めてしまって走り切れるかどうかも自信がなく、スタートを切るまで緊張が解けませんでした。

ペース配分すらも分からず、実際に30km地点でダウンもしました(その後何とか完走しましたが・・・)

 

ただ、今年はそんなに恐怖はありません。

直前期の1か月間はあんまりうまく調整できなかったのですが、昨年の反省も生かして、事前にハーフの距離を3回走っておきましたし、何より昨年度走りきった経験があるからです。

つらいはつらいでしょうがなんとかなるだろうという漠然とした思いの方が強いです。

何か新しいことを始めようとするとき、怖さを感じる人は多いと思います。

でも、『心配事の9割は起こらない』という言葉があるように、

やる前に感じる恐怖のほとんどは、『あ、やってみればこんなもんか』といって解消されることがほとんどなんだと思います。

知らないから怖いだけで知ってしまいさえすれば、あんまり大したことはないんだなということが多いんだと思います。

『実際にやる前に恐れるな』

初参加の方、一緒に頑張りましょう!

久米島マラソン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA