地上最大の甲殻類!ヤシガニを探しに行ってきたよ!

The following two tabs change content below.

こんにちは!

島暮らしのおかもってぃです。

 

突然であるが、みなさんはヤシガニという生物をご存じですか?

これだ!

1

2

3

ヤシガニ

http://www.monstersproshop.com/okinawa-coconutcrab/より転載

殻はないけどヤドカリの1種。

えっ?で何?どうしたの?

と思ったあなた。

見よ!このサイズ!

ヤシガニ

http://blogs.yahoo.co.jp/aiuti27go3/27862411.htmlより転載

ヤシガニは大きいものだと体長40cm、足も広げると全長1m、体重4kgにもなる地上最大の甲殻類なんです。

こいつらはヤドカリであるにも関わらず、でかすぎて入れる殻がないんですね。

そのため、身体が小さいときは殻を背負っていますが、ある程度大きくなると殻を脱ぎ捨ててこんな姿になってしまうんです。

ハサミの威力も強烈で鉄のワイヤーすら引きちぎることが出来るとのこと。

指が挟まれたらひとたまりもない( ̄д ̄)

一応雑食性なので飼育できる可能性はありますがおすすめはしません。

そして、ヤシガニはけっこう美味らしく、沖縄でも八重山地方では高級食材として取引されています。

 

だがしかし、このヤシガニ。

実はれっきとした絶滅危惧種なんです。

外敵から身を守るために巨大化した身体も、人間にとっては格好の餌食以外の何物でもないわけで。

成長速度も遅いため、大きくなる前に人間に食べられてしまうことが多いようなんですね。

そんな風に絶滅危惧種なのにぞんざいに扱われているヤシガニですが、ここ久米島にはヤシガニを食べる習慣はほとんでおありませn。

そのため比較的大きい個体が残っているらしいんですね。

 

でっかい生物とか、男の子のロマンじゃないですか!

ぜひ、この目で見てみたいし捕まえてみたいじゃないですか!

そんなわけで、ヤシガニ探しを求めて、夜の海岸に繰り出してきました!

いざ、ヤシガニ散策!

時刻は22時頃。

人里から少し離れた夜の海岸は真っ暗。

当たり前ですが周囲には、こんな夜中にヤシガニを探しに行くエキセントリックな少年の僕以外に人っ子一人いませn。

ちなみに僕は超絶ビビりです。

小学校のときに当時はやっていたホラー映画「学校の怪談」を見て心底ビビってしまった僕はそれ以来、

日常生活からホラー要素を一切排して生きてきました。

ホラー映画を見るなんてもってのほか、TV番組の心霊企画は絶対見ない、というか怖くて見れない。

たまたまホラー映画のCMで怖い映像を見てしまったその日には、お風呂で目すらつぶれない・・・

 

そんなビビりな僕にとって、夜の真っ暗な海岸はかなりの恐怖でした。

しかし、ヤシガニを見たい好奇心には勝てません。

恐れ慄きながらも海岸沿いを探していくと

久米島のヤシガニ

いた!

案外簡単に見つかりました!

ただせいぜい手のひらさいずくらいなのであんまり大きくはありません。

こちらの姿に気付いて背中を岩に押し付け威嚇中。

小さいけれどハサミが怖すぎて捕獲することは出来ませんでした。

仕方がないから他のヤシガニを探すことに。

するとのんびり道路を歩いている個体を発見!

2015-07-25-21-26-43

こちらもサイズは手のひらサイズくらい。

(ヤシガニにしては)小さめの個体です。

でも小さいヤシガニは動きも素早く、ハサミを避けながら捕まえるのはなかなか一苦労。

2015-07-25-21-27-53

おそるおそるつまみ上げる。

完全自撮りなのでぶれまくってますが・・・

2015-07-25-21-28-00

小さいけれどハサミは立派。

挟まれたらとんでもないことになるでしょうね。

 

よしよし。

順調にヤシガニに出会えましたが、せっかくなんでもう少し大きいものを見てみたいところです。

実はヤシガニに詳しい知人から聞いたヤシガニ出現ポイントがあるんですね。

そちらに行ってみると、

久米島のヤシガニ

いた!ものすごくでかい!

脚を広げると優に50㎝くらいはありそうな個体!!!

怖っ!!!

挟まれたら死ぬ!!!

 

・・・

 

でも触ってみたい・・・

 

好奇心が恐怖心に打ち勝った瞬間でした。

というわけで

えいやッ!

久米島のヤシガニ

無防備な背中をわしづかみしてみる。

ヤシガニも必死の抵抗を見せる

久米島のヤシガニ

ツタにハサミでしがみついて全然離れない。

ツタも丈夫すぎて引きちぎることが出来ない。

 

5分くらい格闘の末、私は敗北したのでした。

やはり私には単純なパワー勝負は剥いていないようです。

 

そしてやつは草むらの中に悠々と消えていきました。

 

そんなわけで巨大なヤシガニをこの手で捕まえることは出来ませんでした。

すんでのところで逃がすという、藤岡弘探検隊張りの失態でしたね。

 

ただ、ものすごい大きな個体に出会えて大興奮でした。

13 件のコメント

  • すべてのページを拝見しました(疲れました)。
    今年の夏に小学生の息子と東京から5日間久米島に遊びにいくのですが、こちらを見ていると行きたいところが増えすぎて予定組みに困ってしまいます。
    ところで、図々しくもコメントさせていただいたのは、このページにもある、ヤシガニの件です。
    息子が先だってNHKの動物番組(「ダーウィンが来た」)でヤシガニ特集を見て以来、ヤシガニを見たがってやかましいことこの上ありません。
    このページに書いてあるように久米島でヤシガニとの遭遇率が高い場所があり、ご教示いただけましたら幸いと思った次第です。
    もし可能でしたら、教えていただけませんでしょうか。
    何卒よろしくお願い致します。
    (コメントへの返信は差し障りがあるでしょうから、メールででもいただければ。。。)

    • ぴれこったさん>コメントありがとうございます!
      全部見ていただいたなんて・・・感激です!
      困らせてしまってすみません>_< 本当にありがとうございます。 ブログを書くのはけっこう孤独な作業なのでみなさんからのコメントが何より励みになるんですよね^ ^ 生物好きの素敵な息子さんですね。 ヤシガニの出現ポイントはミーフガー付近ですが、 ポイントがあるのと他にも遭遇できる場所はあるので別途連絡しますね。

      • おかもってぃさん、早々にお返事いただきありがとうございます!
        また、私もサータアンダギーが「大大大」好きなので、そちらの方でも寄りたいリストをこちらのページを参考にして作らせていただきました。パイン園のところのが特に美味しそうで、楽しみです。
        メールまで追加でいたただいてしまい、ありがとうございます。
        参考にしながら、チャンスを狙いたいとおもいます。

        • ぴれこったさん
          サーターアンダギーがお好きなんですね!^ ^
          記事まとめておいてよかったです。

          パイン園のサーターアンダギーは冬季しかない可能性大です(かぼちゃ使っているので)。
          ただ、そこで飲める100%パイナップルジュースはかなり美味しいのでお勧めですよ。

          ぜひ久米島旅行を楽しんでいただきたいと思います。
          何かありましたら、またいつでも質問してくださいね♪

  • 島暮らしのおかもってぃさま、

    この夏、家族で久米島旅行を計画している、こはくと申します。
    読み応えのあるブログですね。記事全体に、移住された方独特の視点を感じ、ふむふむ、にやにや、なるほど・・・と楽しく拝読しています。美女図鑑も、いいですね。

    ところで、我が家の子どもも生物が大好き。今回の旅行でも、磯いじりに熱い期待とロマンを抱いており、シオマネキやナマコの記事に食いついています。

    そして、ヤシガニ。
    そもそも、おかもってぃさまのブログにたどり着いたのが「久米島に行ったら、何が何でもヤシガニを見つける!」と息巻く子どもの希望をかなえようと、ヤシガニあれこれについて検索した結果なのです。
    そこで、もしよろしければ、ヤシガニ出現スポットを教えていただけますでしょうか。
    厚かましいお願いで恐縮なのですが、よろしくお願いいたします。

    • こはくさま、コメントありがとうございます!
      磯いじりに熱い期待とロマン、いいですね!笑

      久米島でヤシガニが見れるなんてよく知ってますね。
      ヤシガニを食べる文化がない久米島には、まだ大型の個体が残っているそうです。

      ヤシガニの出現ポイントについては個別にメールを致しますね。

      • 島暮らしのおかもってぃさま、

        早速のご返信をありがとうございます。
        ヤシガニの生息地が限られていることは、実は知らなかったんです(汗)南西諸島には生息しているもの、と思い込んでいまして。

        久米島に居てくれてありがとう、ヤシガニ・・・ブログにしてくださってありがとう、おかもってぃさま・・・なのです。

        • こはくさま、そうだったんですね!笑

          絶対誰の役にも断たないだろうなと思っていたヤシガニや生物散策の記事をこんなに喜んでくださって光栄です。
          素敵な久米島旅をお過ごしください^ ^

  • お世話になります。
    興味深く見させていただいております。
    下記↓
    「ヤシガニの出現ポイントはミーフガー付近ですが、 ポイントがあるのと他にも遭遇できる場所はある」
    との事ですが、現在(2018年)もそうでしょうか?
    また、お許し頂ける範囲で、その他ポイントもあればご教示下さい。是非野生のヤシガニを見てみたいです。

    • 松田さん

      ご連絡が遅くなり申し訳ありません。
      メールの方にて連絡させていただきますね。

  • 島暮らしのおかもってぃ様

    おかもってぃさんのブログを見て、興奮しました。
    大きなオカヤドカリはよくみかけますがヤシガニはサイズが桁違いですね。

    ぜひ実物を子供と一緒に見てみたいと思っています。
    久米島はとても美しい島で、今年は6回目の旅行となります。

    お手数をおかけして申し訳ありませんが、可能であれば
    お時間のあります時にメールにヤシガニ出没の場所や探す際のコツなどを
    教えていただけないでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

  • おかもってぃさんのブログ、楽しく拝見しています。

    久米島は私も大好きで、来週からまた家族で旅行に行きます。
    今回で6回目となります。

    毎回、ヤシガニを夜に探しにいくのですが、
    いまだに出会えずじまいです。

    お手数をかけますが、もしよろしければ
    メールにてヤシガニの出現スポットや探す際のポイントを教えていただけないでしょうか。

    今回の旅行では、おかもってぃさんおすすめのサーターアンダギーをお土産に購入しようと思っています。
    こちらの記事も参考になりました。ありがとうございます。

  • はじめまして高橋と申します。
    ブログを楽しく拝見いたしました。久米島が気に入って家族旅行で回数を重ねるとちょっと今までとは違うことがしたくなり、おかもってぃさんのブログにたどり着きました。
    7月23日から5日間久米島に行く予定です。
    ヤシガニに興味があり、息子も絶対見たいと張りきっております。ヤシガニの見れるポイントを教えていただけないでしょうか?
    自然を汚したりヤシガニに害があることはいたしません。
    宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください